ふるさと納税と住宅ローン控除を併用する場合の注意点まとめ

ふるさと納税の基礎知識

住宅ローンを組み、夢のマイホームを購入すると住宅ローン控除が受けられます。

この住宅ローン控除は数年間、効力があるため、税金面でかなりお得になることから多くの人が利用しています。

マイホームを購入する方の多くは、ふるさと納税を利用すれば更に税金をお得にすることができます。

それだけではなく、返礼品でお得な商品券や食材をお得に手に入れることもできます。

ただし。

この2つの制度を併用する際は、注意点もあります。

今回は「ふるさと納税」と「住宅ローン控除」を併用する場合の注意点をご紹介していきます。

住宅ローン控除とは

マイホームを手に入れたい!と考えたときに、最初に考えるのが、住宅ローンのことではないでしょうか。

住宅ローンは確かに高額です。毎月数万円を、何年にも渡って支払わなくてはいけないので、負担となる金額はなるべく抑えたいというのが実情ではないでしょうか?

そこで利用したいのが、住宅ローン控除という制度です。

勇気を出して住宅ローンを借りてマイホーム購入したい、という夢を叶えた方に、国は税金控除の制度を用意しています。

住宅借入金等特別控除」といわれる住宅ローン控除の制度です。

条件さえ合えば、誰でも手軽に申請が可能で、利用者の利益も大変大きいシステムになっています。

住宅ローン控除は、一定期間、住宅ローンでかかる一部金額を住民税や所得税より控除してくれます。

年間で控除の対象になる金額の上限は最高で40万円です。

ただし、全てのマイホーム購入者が対象となるわけではありません。

この制度が適用されるためには、定められた条件をクリアすることが必要です。

主なものでは、以下のような条件が見られます。

  • 床面積は50平方メートルを超えている
  • 床面積は50%以上が居住用(事業用などではない)
  • 控除を申請する年の所得が3000万円以下である
  • 住宅ローンは借入期間が10年以上である
  • 親族からの借入がない

この他にも、中古住宅であれば築年数や耐震基準、購入の方法もクリアしなければいけません。

そして、対象者に対しては、所得税や住民税の中から、ローンの借り入れ金額や収入などに応じて、適切な額が控除される仕組みです。

賢く大きな買い物をするためにも、マイホーム購入の際には、事前に住宅ローン控除の対象となるかどうかの確認もしておきましょう。

ふるさと納税と併用できる?

住宅ローン控除制度にも、ふるさと納税にも、双方の制度を使ってはいけないという条件は設定されていないので、併用することができます。

この二つを併用すれば、税金をさらにおトクに、減額ができるでしょう。

住宅ローン控除制度は、借り入れたローンの金額の一部が所得税または住民税から減額されるため、所得税や住民税そのものが減税になります。

確定申告の際に申請すればよいだけなので、手続きも簡単です。

一方、ふるさと納税は、寄附金控除として、年の所得税や住民税を申告する際に税金が安くなります。

自己負担金額は2000円かかってくるのですが、それ以外の額は寄付金控除が受けられること、更に地域の特産物といった返礼品がもらえることを考えると、住宅ローンで支出が多くなる時期には併用したいサービスといえるでしょう。

住宅ローン控除とふるさと納税を組み合わせることで、その年の税金をかなり安く抑えられるのです。

2つの制度を併用する際の注意点

ふるさと納税と住宅ローン控除制度を併用する時には、ぜひ留意しておきたい点があります。

それは、ふるさと納税の上限金額が、住宅ローン控除制度を併用することで下がってしまう可能性がある点です。

そもそも、ふるさと納税では、個人の所得税の40%、もしくは住民税の30%までと上限金額が定められています。

しかし、住宅ローン控除制度を利用すると、所得税率を掛ける「所得」自体が下がることになり、結果的に所得税も下がることに繋がるのです。

すると、ふるさと納税ができる上限金額は、住宅ローン控除制度で下がった所得税の40%まで、ということになります。

仮に間違って上限金額を上回る金額をふるさと納税として寄付してしまうと、控除の対象外になってしまいます。

住宅ローン控除は結構大きな額なので、所得税の節税効果が見込めるのですが、そのメリットが思わぬところで悩みのタネになるかもしれません。

併用する際には、ふるさと納税の上限額がいくらになるのかをしっかりと把握しておきましょう。

まとめ

家は、一生に一度の大きな買い物です。さらに、住宅ローンは、長期的に支出を増やす原因となります。

清水の舞台から飛び降りるような気持ちで買うマイホーム。

でも、遠い夢ではなくて、もっと早く、現実のものにしたくはないですか?住宅ローン控除制度を利用すれば、住宅ローンを借り入れた金額に応じて、税金を安く抑えることができます。

住宅の床面積や返済期間などの一定条件が設けられていますが、クリアさえすれば誰でも受けることができる制度です。

また、ふるさと納税のように、さらに税金の負担が下がるシステムを利用すれば、税金を抑えるだけではなく地方の特産物や名産品といった豪華な返礼品も楽しむことができます。

住宅ローン控除制度で所得税が下がった分だけふるさと納税の上限が下がってしまいますが、その点に注意すれば、利用することで賢く節税ができるシステムです。

お得なシステムを利用して、金銭的負担を軽くしながらマイホームを購入しましょう。

ふるさと納税の基礎知識

ふるさと納税サイトおすすめランキング

ふるなび

ふるなびはふるさと納税申込サイトの中でも最も「ギフトカード」や「商品券」の取り扱いが多いサイトです。

他のサイトと比べ「還元率」が高い返礼品が多く、たくさんの人が利用しています。

さらに!

ふるなびを利用すると「Amazonポイント」がもらえます。

このポイントを確実に受け取れば還元率がさらに高まるので利用しない手はありません。

まず、ふるなびでお得な返礼品を探してから、他のサイトを探しに行くという手順が1番おすすめです!

さとふる
さとふる

2番目にご紹介するのが「さとふる」です。

さとふるはテレビCMも展開する、ふるさと納税サイトの大手です。

ふるなびの次に利用してほしいサイトとしておすすめしています。

さとふるしかない、穴場の返礼品もあるのでたまにチェックしておきましょう!

yotsuoをフォローする
みんなのふるさと納税〜口コミ・レビューまとめ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました